議長理事からのご挨拶

アスジャ・インターナショナル議長理事 マレーシア元留日学生協会 (JAGAM) 会長  ウィ・チーキョン

アスジャ・インターナショナル議長理事
マレーシア元留日学生協会 (JAGAM)
事務総長
ウィ・チーキョン

アスジャ・インターナショナル(以下、アスジャ)の新議長として、日本・ASEAN加盟各国の友人・支援者の皆様へ、心からのご挨拶とご多幸をお祈り申し上げます。アスジャ理事の皆様が私を信頼し、重要な責務を託してくださったことは、非常に光栄なことです。

アスジャは非常に独自性が高い組織です。大学単位や国単位で組織された同窓会は多くありますが、ASEAN加盟10カ国のひとまとまりが会員となっている同窓会は他にありません。このような組織形態は私達の先輩である、福田赳夫元総理の英知をはっきりと映し出しています。福田赳夫元総理は福田ドクトリンを提唱し、ドクトリンはその後の日本のアセアン外交政策の基軸になりました。

アスジャは今年めでたく17周年を迎えました。17年という年月はアスジャにとってたやすいことではありませんでした。特に過去4年間は、日本の政権交代によるアスジャ予算の削減が続く困難な状況下にありました。アスジャの存続に関し、日本国政府を説得し続けたこれまでの議長の皆様及びアスジャ事務局のご尽力や忍耐力に、感謝申し上げます。

アスジャ理事会で承認された、ASEAN各国でアスジャ・ASCOJA分野別シンポジウムを開催するという計画は2015年度より実施されています。個人的には、本シンポジウムは開催国だけでなく、ASEAN全体にとって有益な素晴らしい事業であると認識しております。今年度はブルネイ、ミャンマー、ベトナムの3カ国でシンポジウムの開催を予定しております。

現在アスジャの加盟国は5ケ国から10ケ国になっています。私たちのネットワークを広げ、メンバー間のよりよい関係を育成するために、アスジャをプラットフォームとして私たちが十分に活用できることを願っています。ASEANと日本のよりよい関係のため、アスジャが将来のアジアの架け橋的存在となるリーダー人材を育成する素晴らしい組織となるよう、一丸となって取り組みましょう。

As the Chairman of ASJA (Asia Japan Alumni) International, I would like to convey my warm greetings and best wishes to all my friends and supporters of ASJA in both Japan and ASEAN member countries. It is indeed a great honor and privilege for me to be entrusted with important responsibilities by the ASJA Board of Directors.

ASJA International is a very unique organization. There are many alumni groups that are categorized by the university and country. However, none of the alumni includes its membership for a group of ASEAN countries. This form of establishment clearly reflects the wisdom of our Sempai H.E. Takeo Fukuda, the former prime minister of Japan. He announced the Fukuda Doctrine, which subsequently became the central pillar of Japanese foreign policy toward ASEAN.

ASJA has just celebrated its 17th anniversary in early this year (2017). The past 17 years has not been easy for ASJA. The situation became worse especially in the last 4 years as the change of the government in Japan resulted in many rounds of the budget cuts. I would like to express my gratitude to the past Chairmen and the ASJA Secretariat for their effort and persistence in convincing the Japanese government to keep ASJA alive.

Since last year, the ASJA directors have come up with a plan to organize ASJA-ASCOJA symposium in different ASEAN countries. I personally view this as a wonderful project as it benefits not only the organizing country but also ASEAN as a whole. This year we plan to organize three ASJA symposiums in Brunei, Myanmar and Vietnam.

Currently, the member countries of ASJA International have increased from five to ten ASEAN countries. I hope we are able to capitalize on the ASJA platform to widen our network and foster better relationship between the members. Let us work together to make ASJA a wonderful organization for the betterment of ASEAN and Japan relationship in cultivating the future leaders of Asia.

Dr. Ooi Chee Keong
Chairman of ASJA International

  • 概要
  • 事業内容
  • 組織・運営
  • 理事の紹介
  • 議長理事からのご挨拶
  • 沿革
  • 福田ドクトリンについて
  • アクセス
  • News Letter
  • メンバー専用
  • 政府機関について
  • ASCOJA
ページTOPへ