概要

アスジャ・インターナショナル ASJA(Asia Japan Alumni) International (以下、アスジャという)は、平成12年(2000年)4月にASCOJA(ASEAN元日本留学生評議会)のカウンターパートとして設立された国際的な組織です。当初5カ国で発足し、現在10カ国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ミャンマー、カンボジア、ベトナム、ラオス、ブルネイ)が加盟しています。

アスジャは、日本国外務省の拠出金を受けて、ASCOJAに加盟する各国元日本留学生会が推薦する奨学生制度を運営してきました。日本の大学院における教育研究を支援するとともに、留学生が日本語を習得し日本文化・日本人を理解して帰国し、将来日本と母国の架け橋のリーダーとなる人材を育成することを目的としています。各国1名の奨学生を受入れ、平成26年度(2014年度)までの修了生は104名です。

平成26年度(2014年度)の政府予算において、新しい拠出金が計上され、アスジャの組織は存続し、文部科学省国費留学生を対象に交流事業は引き続き実施できることになりました。平成27年度(2015年度)はASEAN10カ国から各国元日本留学生協会が推薦した国費留学生(大学院生、学部生) 23名を、アスジャ国費留学生として採用しました。

  • 概要
  • 事業内容
  • 組織・運営
  • 理事の紹介
  • 議長理事からのご挨拶
  • 沿革
  • 福田ドクトリンについて
  • アクセス
  • News Letter
  • メンバー専用
  • 政府機関について
  • ASCOJA
ページTOPへ